ブログ

WordPress初心者のためのレンタルサーバー選びのコツ

WordPress初心者のレンタルサーバー選び
副業初心者さん
副業初心者さん
WordPressでブログを始めたいけど、レンタルサーバーが多すぎてどれがいいのかわからない。選び方を知りたい。

WordPressでブログを始める時に最初に悩むのがレンタルサーバーです。サーバーの種類も多く、サービスを提供している企業も多いためどこがいいのか悩むと思います。

この記事では、WordPress初心者が迷わずに使えるレンタルサーバーを紹介しています。

レンタルサーバーの選び方やサーバーの基礎についても触れているので、サーッと読んでみておすすめのレンタルサーバーを使ってみてください。

WordPress初心者のためのレンタルサーバー選びのポイント

レンタルサーバー選びのポイント

WordPress初心者のためのレンタルサーバー選びのポイントは、ウェブサイトのパフォーマンス、セキュリティ、サポートなどを考慮することが重要です。

信頼性の高いサーバーを選ぶことで、ウェブサイトの安定性を保ち、訪問者がストレスなく閲覧できる環境を提供することができます。WordPress初心者が迷うレンタルサーバー選びのポイントを詳しく解説していきます。

なぜレンタルサーバーが必要か

レンタルサーバーはウェブサイトをインターネット上に公開するための場所を提供してくれるため必要不可欠です。また、レンタルサーバーにはデータの保管やセキュリティなどの重要な役割もあります。

そのため、信頼性の高いレンタルサーバーを選ぶことは非常に重要です。WordPress初心者がレンタルサーバーを選ぶ際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • サポートの充実度
  • 価格
  • 容量
稀にですが、選んだレンタルサーバーがWordPressに対応していないということもあるため、確認しましょう。
編集長
編集長

レンタルサーバーの基礎知識

レンタルサーバーとは、サーバーを貸し出すサービスのことです。インターネット上でホームページやメールなどのサービスを提供するコンピューターのことです。

レンタルしない場合は、自分でサーバーを構築する必要があるため専門的な知識や技術が必要がとなります。

 WordPressを運用する場合は、以下の「共用サーバー」で十分です。

  • 共用サーバー
    1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使うサービスです。料金は安いですが、自由度やパフォーマンスは低めです。
  • 専用サーバー
    特定のユーザーが1台のサーバーを専有して利用できるサービスです。料金は高いですが、自由度やパフォーマンスは高いです。
  • VPS(仮想専用サーバー)
    1台のサーバーを仮想化技術で分割して、それぞれのユーザーに専用サーバーのように提供するサービスです。料金は中程度ですが、自由度やパフォーマンスは高いです。
  • クラウドサーバー
    複数のサーバーを仮想化技術で統合して、必要に応じて利用するスペックを変更できるサービスです。料金は利用量に応じて変動しますが、自由度やパフォーマンスは高いです。

サーバー選びの基準

サーバーの基礎

レンタルサーバー選びのポイントは4点あります。

  1. 安定した稼働
  2. 高速なスピード
  3. カスタマーサポート
  4. コスト

サーバーの安定性は、ウェブサイトのパフォーマンスやセキュリティに直結するため、確実なものを選ぶことが求められます。

速度も重要なポイントです。ユーザーがストレスなくウェブサイトを閲覧できるよう、高速かつ安定したサーバーを選ぶことが肝要です。

初心者の場合、サポートの手厚いサーバー会社を選ぶことで、トラブルが生じた際に迅速に対処できるでしょう。

良質なサーバーを選ぶことは重要ですが、予算に合わせた選択も欠かせません。特にこれからWordPressを始めるという方の場合は、高いレンタルサーバーを借りる必要はありません。

以上のポイントを踏まえ、WordPress初心者にとって最適なレンタルサーバーを選ぶよう心がけましょう。
編集長
編集長

費用について

cost

初心者向けのレンタルサーバーでは、月額数百円から利用できるものもあります。高いものだと数万円になるため、しっかりと確認をしましょう。月額1500円以下くらいでも十分高速で安定しているレンタルサーバーを借りる事が可能です。

初期費用や契約期間、キャンペーンなどで料金が変わってくるため、比較検討が大切になってきます。

将来性のあるサーバー選び

「将来性のあるサーバー選び」とは、将来的にアクセスが増えた時にサーバーがダウンしないだろうかという点まで考慮して選ぶということです。ある程度のアクセスを想定したレンタルサーバー選びをしましょう。

レンタルサーバーがどこの国に設置してあるかという点も考慮しましょう。遠い国にあると、それだけ速度が遅くなります。日本に設置してあるサーバーか確認しましょう。

WordPressを使うためにレンタルサーバーに必要な機能

レンタルサーバーに必要な機能

WordPressを快適に使うためにサーバー構成が重要です。WordPressに必要な機能が備わっているのか確認しましょう。

マルチドメインの取り扱い

マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを運用することです。安いレンタルサーバーでは、一つのドメインしか運用できない場合が多いためチェックポイントになります。

最初は一つのドメインで運用を考えていたとしても、将来的に複数のブログを運用する可能性がある場合はマルチドメイン対応のレンタルサーバーを選択しておきましょう。

SSLの重要性

SSL(Secure Sockets Layer)は、ウェブサイトとユーザーの間の通信を暗号化し、データの保護を行うためのプロトコルです。SSLを導入することで、ウェブサイトへのアクセスが安全になり、情報漏えいや不正アクセスのリスクを低減することができます。

さらに、SSLを利用することで、ウェブサイトの信頼性が向上し、ユーザーに安心感を与えることができます。そのため、WordPressを運用する際には、SSLを導入してウェブサイトのセキュリティを向上させることが重要です。

最近、SSL未対応のレンタルサーバーは少ないですが、設定が簡単にできるレンタルサーバーがおすすめです。
編集長
編集長

バックアップ機能

バックアップ機能は重要なデータを保護し、万が一の際にデータの損失を防ぐために不可欠です。WordPressサイトのバックアップには、定期的な自動バックアップや手動バックアップなど様々な方法があります。

自動バックアップは定期的にサイトのデータを保存してくれるため、万が一の際に最新のデータを復元することができます。一方、手動バックアップはユーザーが必要な時にデータを保存するため、より柔軟な管理が可能です。

バックアップ機能を導入することで、WordPressサイトの運営を安全かつ安心して行うことができます。

初心者の方は自動バックアップ機能があるレンタルサーバーを選びましょう。

使用できるデータベースの種類

wordpress

WordPressが使えるデータベースは基本的にMySQLになります。WordPressを使えると謳っているサーバーであれば、MySQLが使えますが、WordPress用ではない場合にはPostgreSQLしか使えないということもあるので、注意してください。

レンタルサーバーの契約・更新・解約の手続きの注意点

手続きの注意点

レンタルサーバーの契約をする際に、契約期間や更新、解約などの手続きが必要です。その際の注意点等を確認しておきましょう。

契約期間・契約手続きの注意点

契約期間については、長期契約と短期契約があります。長期契約の場合は通常料金が安くなる傾向がありますが、短期契約の方が柔軟に契約内容を変更できる場合があります。自社のニーズに合った契約期間を選ぶことが大切です。

注意点としては、高額なレンタルサーバーが初期費用の設定を料金設定を低めにして、お得に借りられると宣伝している場合があります。長く使うと高い月額費用が運営の負担になる可能性があります。

料金表などよく確認して不明点を確認しておきましょう。

更新手続きの注意点

レンタルサーバーの更新は、自動更新と手動の更新があります。自動更新の場合は、特に手続きしなくても契約が更新されていきますが、手動の場合は自分で更新の手続きをする必要があります。

忘れていると契約が切れて、WordPressにアクセスができなくなっているということがあるため注意が必要です。

ドメインも同様で、契約の期限が切れて一定の期間を置いた後に、自分の所有物ではなくなってしまいます。他の方が取得してしまうと、取り戻せなくなる可能性があるため注意してください。

解約条件と解約手続きの注意点

契約解除をする場合にどのような条件が設けられているかを把握することが重要です。多くの場合、解約には一定の期間前の通知が必要とされるため、それを遵守することが契約解除において重要です。

また、解約条件に違約金が発生する旨の記述がある場合は、どのような状況で解約すると違約金が発生するのか確認しておきましょう。

WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー

おすすめのレンタルサーバー

おすすめのレンタルサーバーをいくつか紹介していきます。

考慮する点としては、上記で解説したように以下の点をクリアできているレンタルサーバーです。

初心者の方が利用するレンタルサーバーとしては、以下で紹介しているレンタルサーバーであればどこを選択しても差はほとんどありませんので、ドメインの管理しているところなどで選択をしてもよいでしょう。

  1. 安定した稼働
  2. 高速なスピード
  3. カスタマーサポート
  4. コスト

エックスサーバー(Xserver)

WordPressを運用している方の多くが利用するエックスサーバー。情報も豊富なのでトラブル時にも対応しやすいため、初心者におすすめのレンタルサーバー。料金もそれほど高くなくコスパが良いです。

エックスサーバー公式

  • 高速で動作するレンタルサーバー
  • コスパがよく評判が高い
  • 安定した稼働でアクセス負荷が高い場合も安心
  • 独自SSLを無料で利用可能
  • 利用者が多く、情報が豊富
  • サポートも充実で実績豊富
  • 自動バックアップなど機能も豊富

ConoHa WING

GMOインターネットグループ株式会社が運営している、信頼度が高いレンタルサーバー。

また独自ドメインの取得からレンタルサーバーの契約まで一括で行うことができるため初心者にとって利用しやすいレンタルサーバーです。

ConoHa WING公式

  • 超高速サーバー
  • サーバー稼働率99.99%以上保証した安定のサーバー
  • 料金が安くコスパが良い
  • 高機能・高性能サーバー
  • 独自SSLを無料で利用可能
  • 自動バックアップ機能を標準提供
  • 電話サポートあり!専任スタッフの対応あり

ロリポップ

ロリポップもGMOグループが運営しているレンタルサーバーですが、ConoHa WINGより低価格帯のサービスを提供しています。より料金を抑えたいという方におすすめです。

ムームードメインでドメインを管理していると使いやすくなっています。

ロリポップ!レンタルサーバー公式

  • WordPressを運用する十分な速度
  • とにかく安く安定した稼働
  • 独自ドメイン・マルチドメイン
  • 独自SSL・WordPress簡単インストールあり
  • 利用者が多く、情報が豊富
  • サポートも充実で実績豊富
  • 自動バックアップなど機能も豊富

WordPress初心者のレンタルサーバー選びのまとめ

レンタルサーバー選びのまとめ

WordPressを始める初心者にとっては特にストレスのない環境で運用できることが重要です。そのためには、安定したサーバー性能、手頃な価格、使いやすいサポート体制などを考慮する必要があります。

また、紹介したレンタルサーバーのようにWordPressに特化したサーバーであると便利です。自分のニーズに合ったサーバーを選ぶためには比較検討してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
編集長

編集長

フリーランス4年目で本業・副業で月収150万↑達成。収入源を増やすためにいろんな副業に挑戦。 副業をして毎月数万円増えると、ちょっとだけ贅沢できます。自分に合った副業探しのお手伝いをします。 プロフィールの続き

-ブログ