Webマーケター

Webマーケティングのスキル向上に役立つ資格10選を紹介!

Webマーケターに役立つ資格

現代社会では、消費者の活動の中心がインターネットに移り変わり、Webマーケティングのスキルを習得することは、就職や昇給などの多くの可能性を広げる鍵となります。

Webマーケティングにおいて、スキル向上を図る方法は数多く存在しますが、中でも資格取得はスキルの向上だけでなく、客観的なスキルの証明としても高く評価されます。

副業初心者さん
副業初心者さん
Webマーケティングの資格に興味はあるけど、どの資格が最適か迷う。

しかし、このような方も多いでしょう。

今回この記事では、Webマーケティングにおすすめの資格を10選紹介し、資格の選択に迷う方々の手助けをします。

この記事を読むことで、自身のスキルアップとキャリアの発展への第一歩を踏み出すきっかけとなるでしょう。

Webマーケティングの資格は必要?

資格は必要?

Webマーケティングの職業について言えることは、基本的には特別な資格が必要ありません。実務経験や潜在能力が評価されれば、Webマーケティング分野での実務経験を積むことは可能です。

実際、自分でSNSを運用したり、メディアを管理したりしてから就職する人も多いです。

ただし、資格を取得することで、自身の知識をより具体的にアピールできるメリットがあります。求職者やキャリアを進めたい方には、資格取得を検討する価値があるでしょう。

Webマーケティングの資格を取るメリット

資格のメリット

Webマーケティングの資格を取るメリットには以下の3つが挙げられます。それぞれ詳しく解説していきます。

  • 信頼性が向上する
  • 求職活動や昇進で有利になる
  • 自分の知識を増やせる

メリット①信頼性が向上する

Webマーケティングの資格を取るメリットの1つ目には、信頼性の向上が挙げられます。Webマーケティングの資格を持つことは、クライアントや雇用主、顧客に対して信頼性を示す手段となります。

資格は、自身が業界の知識とスキルを持っていることを証明するもので、信用を築くのに役立ちます。

特に競争の激しい分野では、資格取得者は他の候補者よりも選ばれやすい傾向がありますね。
編集長
編集長

メリット②求職活動や昇進で有利になる

Webマーケティングの資格を取るメリットとして、求職活動や昇進で有利になることも考えられます。

資格は、自身が専門的なスキルを持っており、組織にとって価値のある貢献ができることを示すものとして評価されます。

デジタル広告、SEO、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツ戦略などの分野においては、業界標準に基づいた知識を持っていることを雇用主や採用担当者に示す手段となり、応募するポジションに関連するスキルを持っていることをアピールするために非常に役立ちます。

また資格取得に伴い、資格取得者は高い収入を獲得する機会も増えるでしょう。

メリット③自分の知識を増やせる

Webマーケティングの資格を取るメリットには、自分の知識を増やせることも挙げられます。マーケティング職を目指す方にとって、資格取得は知識の向上につながります。

資格を取得することで、自身の魅力を高めるだけでなく、専門知識も深めることができます。マーケティングに関する勉強を単に漠然と進めるのではなく、資格を目指して計画的に学習することは、効率的なアプローチです。

求職者の中で時間や資金に余裕のある方は、積極的に資格取得に挑戦してみることをおすすめします。
編集長
編集長

Webマーケティングのスキル向上に役立つ資格10選

Webマーケティングに役立つ資格10選

Webマーケティングのスキル向上に役立つ資格10選は以下の通りです。それぞれ詳しく解説していきます。

  • SEO検定
  • データ解析士
  • Webライティング能力検定
  • ネットショップ検定
  • 統計検定
  • Webアナリスト検定
  • Google広告認定資格
  • IMA検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ファンダメンタルマーケター資格

SEO検定

SEO検定は、一般社団法人全日本SEO協会が主催する資格試験で、SEO対策に関する知識を証明するものです。この試験は、WEB担当者やブログ運営者などが、実務で役立つSEO技術を習得することを目的としています。

資格取得に必要な受験資格は特になく、誰でも受験できます。試験は4択の形式で行われ、60分間で80問の問題に答えます。

また、試験には1級から4級までの異なる難易度が存在し、日本全国の11箇所で受験できます。

SEO検定を取得することで、SEOに焦点を当てた企業での就職機会が広がり、自社ウェブサイトのSEO対策に役立てることができるほか、自社ウェブサイトの集客力向上や個人のブログ運営にも役立ちます。

出題数 80問
試験時間 60分
合格基準 80%以上(64問以上正解)
受験料 SEO検定4級:5,000円
SEO検定3級:5,000円
SEO検定2級:6,000円
SEO検定1級:8,000円
試験会場 東京、大阪、神戸、名古屋、京都、福岡、広島、仙台、札幌、金沢、那覇の全国11か所

データ解析士

データ解析士は、内閣府移行認可を受けた一般社団法人実務教育研究所の通信講座「多変量解析実務講座」を修了した人に授与される資格です。

データ解析士というのは、特定の職業ではなく、単に資格を取得したことを示す称号です。そのため、データ解析士の称号はあくまで資格取得の証明であることを理解しておくべきです。

この資格を持つことで、統計士データサイエンティストデータアナリストなど、データ解析に関連したさまざまな職業で活躍する機会が広がります。

多変量解析実務講座では、特に回帰分析を中心とした多変量解析に関する知識を学ぶことができおすすめです。

受講期間 4ヶ月
最長在籍期間 8ヶ月
入学金 5,000円
受講料 49,500円
受講対象 現代統計実務講座修了レベル
修了条件 全4単元の報告課題及び修了報告課題を提出して基準点をクリアする

Webライティング能力検定

Webライティング能力検定は、一般社団法人日本Webライティング協会が提供する資格です。Webサイトの記事の品質向上を目指した試験となります。

この資格は、主にWebライターの初心者や中級者向けに設計されており、多くの受験者は社員教育の一環として受験しています。

2012年から始まったばかりで、まだまだ知名度は低い部類に入りますが、Webメディアで信頼性の高い文章を書くために必要なライティング知識を習得する手段として評価されています。

この資格は、炎上やトラブルを避けるために重要なライティングスキルを身につける機会を提供するため、個人やフリーランスの方にもおすすめです。

出題数 4択問題 50問
ライティング問題 4問
試験時間 90分
合格基準 1級:80~88点
2級:70~79点
3級:53~69点
53点以下:不合格
受験料 6,000円
試験会場 北海道、宮城、新潟、東京、神奈川、静岡、長野、大阪、名古屋、石川、京都、岡山、香川、福岡、広島、熊本、那覇の全国17か所

ネットショップ実務士

ネットショップ実務士(ネットショップ検定)は、ネットショップを運営する際に必要なスキルを体系的に学ぶための資格です。

ネットショップ実務士を取得することで、インターネット上で商品を販売するために必要な様々な知識を包括的に身につけることができます。

自社の売上利益を上げたい、個人で商品を販売したいという方にネットショップ実務士の資格は非常に役に立ち、おすすめです。

出題数 レベル1・2:70問
レベル3:書類審査・面接(レベル2試験合格者は面接免除)
試験時間 レベル1・2:80分
合格基準 7割以上
受験料 レベル1:7,000円
レベル2:7,500円
レベル3:7,000円
試験会場 全国各地にある提携のテストセンター(CBTテストセンター)

統計検定

統計検定とは、統計に関する知識やその活用力を評価する全国統一試験のことです。データを用いて客観的に問題を解決し、科学的に判断する能力は、ビジネスパーソンにとって欠かせないスキルになります。

統計検定の資格を取得することで、文系出身者であっても、数学的データ解析方法を学び、身につけることができ、統計データ分析に誇りを持って取り組むことができます。

またデータサイエンティストとして、統計に関する知識と能力が客観的に評価される機会が提供されるためおすすめです。

出題数 4級・3級・統計調査士:30問程度
2級:35問程度
準1級:25問~30問
試験時間 4級:60分
3級:60分
2級・準1級:90分
統計調査士:60分
合格基準 3級:65点以上
統計調査士:70点以上
4級・2級・準1級:60点以上
受験料 4級:5,000円
3級:6,000円
2級:7,000円
準1級:8,000円
統計調査士:7,000円
試験会場 全国のパソコン教室やテストセンター

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定は、一般社団法人日本Web協会(JWA)が主催する試験です。この検定試験は、Webページのアクセス解析を通じて、効果的なマーケティング戦略を構築する手法を学ぶことを目的としています。

資格試験では、Web解析の基本的な知識や用語、分析手法に焦点を当てつつ、特に「Google アナリティクスを利用してマーケティング戦略を改善する方法」に注力しています。

試験の主眼は、Google アナリティクスを活用してどの情報を見るべきかを理解し、それをマーケティング改善に結び付けるスキルを身につけることです。

Webアナリスト検定の試験は、一つの難易度レベルで設定されており、初学者でも対応できる水準となっています。

新人マーケターやWeb担当者、Web解析の基本的な知識やデータ活用方法を学びたい人に適しています。

出題数 70問
試験時間 80分
合格基準 各カテゴリーで40%以上かつ総合で75%以上
受験料 開催する協会加盟企業によって異なる

デジタルハリウッドSTUDIO仙台

  • 講座+試験:22,400円
  • テキスト+試験:22,000円
  • 試験:17,600円

株式会社Too

  • 講座+試験:22,325円
  • 試験のみ:17,600円
  • 再試験:5,500円
試験会場 各地域の協会加盟企業(協会認定運営会社))が定める会場

Google広告認定資格

Google広告の認定資格は、Googleが公式に提供する、広告に関する知識と理解力を評価する資格です。

この資格は、検索、ディスプレイ、ショッピング、動画、アプリ、測定の6つの異なる分野に分かれており、各分野ごとに合格することで、その分野の専門知識を証明することができます。

試験はオンラインで受験可能で、24時間365日いつでも受験できます。ただし、1日につき1回の受験が許されています。

有効期限は取得から1年間で、既に資格を持っている場合でも、1年以上経過して再度受験して合格すれば、資格を有効に保つことができます。

Google広告の認定資格の試験は、22の異なる言語で受験でき、日本語以外の言語でも試験を受けることが可能です。

出題数 検索広告:50問
ディスプレイ広告:49問
動画広告:50問
ショッピング広告:46問
アプリ広告:49問
広告測定:50問
試験時間 各科目75分
合格基準 各科目80%以上
受験料 無料
試験会場 オンライン受験

IMA検定

MA検定とは、Webマーケティング(オンラインマーケティング)に関するスキルを獲得するための試験です。

試験は「クラウドマネージメント協会」が運営し、Webマーケティングに必要とされるスキルを持つ人材の認定を行っています。

クラウドマネージメント教会は、2019年時点で今後もインターネットに関する企業が増えること、それに伴って雇用者の数が150万人ほど増加することを見込み、IMA検定を実施するに至りました。

IMA検定は、講義から受検までの過程を、自宅や職場内で完結できる「実務主義検定」を行っている日本初の資格試験です。

試験会場に行く手間や、講義に参加するためにスケジュールを調整する必要がないため、忙しい学生や社会人でも受験しやすいのが魅力となっています。

試験は実践的なスキルの習得が可能で、暗記ではなく検索スキルを重視した試験内容となっています。

コース Standardコース
・Professionalコース(Standardコースに合格すれば受験可能)
資格取得までの期間 Standard、Professionalとも約4ヶ月
合格基準 180点満点中120点以上
受験料 Standard、Professionalとも19,800円
試験会場 オンライン受験

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングビジネス実務検定は、国際実務マーケティング協会®(International Marketing Skill Standardizing Association)が主催し、年4回行われる検定です。

この試験では、基本的なマーケティングの概念から消費者の行動、マーケティング戦略、実務に関するマーケティングの幅広い知識が問われます。

難易度に応じてA級、B級、C級の3つのレベルに分かれており、マーケティングの基礎から応用までのスキルを証明するのに役立つ資格です。

合格基準

C級:2科目合計点(200点)の80%(160点)を基準として、試験委員長が定める点に達することで合格。

B級:2科目合計点(300点)の70%(210点)を基準として、試験委員長が定める点に達することで合格。

A級:2科目合計点(300点)の各回、試験委員長が定める点に達することで合格。

受験料 C級:6,270円
B級:7,480円
A級:12,760円
試験会場 B級・C級:オンライン試験のため会場なし
A級:オンライン試験および東京・大阪・名古屋を予定

ファンダメンタルマーケター資格

全米広告主協会(ANA)が認定するファンダメンタルマーケター資格は、デジタルマーケティングとデータベースに関する知識を持ち、ダイレクトマーケティングを追求する人におすすめの資格です。

ファンダメンタルマーケター資格を持つことで、個別の顧客対応や成果を重要視するダイレクトマーケティングのスキルを習得し、それをウェブマーケティングに応用し、成果を効果的に達成できることが示されます。

さらに、eラーニングを通じて学習できるため、Webマーケティングのプロフェッショナルから、将来の就職や転職を考えている人まで、幅広い人におすすめの資格と言えます。

出題数 60問
試験時間 180日間(全10科目のeラーニングによる学習と修了試験)
合格基準 80%以上
受験料 22万円
試験会場 オンライン受験(eラーニング)

自分の強みを最大限に活かし、Webマーケティングの資格を取得してみよう

Webマーケティングの資格のまとめ

今回は、Webマーケティングのスキル向上に役立つ資格10選を紹介しました。

Webマーケティングの資格取得は、知識とスキルの習得だけでなく、就職活動や昇給など、さまざまな面で大いに役立ち、新たな可能性が広がります。

まずは、自身の課題や将来の目標を明確にし、必要なスキルセットを確認し、資格取得に向けて努力しましょう。

自身の強みを最大限に活かし、Webマーケティングの世界で成功を収めるために、資格取得に向けて一歩踏み出してみませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
編集長

編集長

フリーランス4年目で本業・副業で月収150万↑達成。収入源を増やすためにいろんな副業に挑戦。 副業をして毎月数万円増えると、ちょっとだけ贅沢できます。自分に合った副業探しのお手伝いをします。 プロフィールの続き

-Webマーケター