Webマーケター

Webマーケターに向いている人の特徴10選!転職するためのコツも紹介

Webマーケターに向いている人

Webマーケティングに興味があるけれども、自分が適しているか不安な方もいるでしょう。Webマーケターとしてのキャリアを考える際には、適性の有無を理解しておくことが大切です。

今回この記事では、Webマーケターに向いている人と向いていない人の特徴未経験からWebマーケターに転職するためのコツを分かりやすく紹介します。

Webマーケターに向いてる人の特徴

Webマーケターに向いてる人

Webマーケターに向いている人の特徴を10つ紹介します。

  • クリエイティブな発想がある人
  • 変化に柔軟な対応ができ楽しめる人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 異なる視点から物事を考えられる人
  • タスクの優先順位を付けられる人
  • 論理的思考を持っている人
  • 数字を扱うことに抵抗がない人
  • 貯金や節約が好きな人
  • 好奇心や探究心のある人
  • 地道な作業に抵抗がない人

クリエイティブな発想がある人

まず向いている人の特徴1つ目は、クリエイティブな発想がある人です。

Webマーケティングでは競争が激しいため、他社と差別化を図ることが重要です。クリエイティブなアイディアや斬新なアプローチを考え、実行できる能力が求められます。

広告キャンペーンやコンテンツ戦略を立案する際に、新しい視点やアプローチを提供できると、成功につながります。
編集長
編集長

変化に柔軟な対応ができ楽しめる人

向いている人の特徴2つ目は、変化に柔軟な対応ができ楽しめる人が挙げられます。

Webマーケティングは日々変化の多い仕事です。例えば、Googleのコアアップデートが2020年から2022年の間に8回も行われました。

このアップデートにより、以前上位に表示されていたコンテンツが見当たらなくなることもあったと言われています。その場合に何度も施策を行い、対応していく必要があるため、変化を楽しめる姿勢が重要です。

コミュニケーションが得意な人

向いている人の特徴3つ目は、コミュニケーションが得意な人です。

Webマーケターは単独作業が多い印象がありますが、実際にはコミュニケーションが必要な場面も多いです。

営業やデザイナーとのコミュニケーションが求められるため、コミュニケーション能力があると重宝されますよ。
編集長
編集長

異なる視点から物事を考えられる人

向いている人の特徴4つ目は、異なる視点から物事を考えられる人が挙げられます。

Webマーケティングでは、商品やサービスを多角的に評価し、広告戦略を立てる必要があります。

異なる視点から物事を考えるスキルは、Webマーケティングの強みとなります。

タスクの優先順位を付けられる人

向いている人の特徴5つ目には、タスクの優先順位を付けられる人もあります。

Webマーケティングでは多くのタスクを同時にこなす必要があります。

タスクの優先順位を的確に決定し、重要な仕事から着手する能力が必要です。優先順位を付けられる方は効率的に業務を進められます。

論理的思考を持っている人

向いている人の特徴6つ目は、論理的思考を持っている人です。

論理的思考が得意な人は、問題解決や説明がしやすく、Webマーケターに向いています。感情を排除し、論理的に事象を分析する能力は、効果的なコミュニケーションにも役立ちます。

編集長
編集長
論理的思考を持っていると、問題を整理して理解するのが得意なので、因果関係を明確にして相手に伝えることもできますね。

数字を扱うことに抵抗がない人

向いている人の特徴7つ目には、数字を扱うことに抵抗がない人が挙げられます。

Webマーケティングでは、競合分析や広告運用などで数字を頻繁に扱います。朝一番の仕事は前日の数値入力と分析業務です。

数字が好きである必要はありませんが、数字を扱うことに抵抗がないことが大切です。

エンジニアのようにSQLを扱えるWebマーケターもいます。データの集計を自分で行えると、より重宝されますよ。
編集長
編集長

貯金や節約が好きな人

向いている人の特徴8つ目は、貯金や節約が好きな人です。

貯金や節約が好きな人は、Webマーケターに向いています。家計簿をつけたり、お得な商品を計算したりするスキルは、Webマーケティングの仕事に役立ちます。

好奇心や探究心のある人

向いている人の特徴9つ目は、好奇心や探究心のある人も挙げられます。

Webマーケティングでは成果の変動がよくあります。その変動の理由を探求し、分析する能力が求められます。探究心を持つ人にとって、この仕事は楽しみが多いでしょう。

変化は小さなものかもしれませんが、小さなことを続けられる人が向いていますね。

地道な作業に抵抗がない人

向いている人の最後の特徴は、地道な作業に抵抗がない人です。

Webマーケティングには地道な作業が多く含まれます。データ分析やキーワードのリサーチなど、コツコツと作業を進めることが求められます。

地道な作業に抵抗がない人が向いていますよ。
編集長
編集長

Webマーケターに向いていない人の特徴

Webマーケターに向いていない人

Webマーケターに向いていない人の特徴は、以下の通りです。

ただし、これらの特徴があるからと言って、完全に向いていないわけではありません。自信がない場合でも、スキルを磨いて徐々に業務に慣れていくことができます。

挑戦の意欲と学習意欲を持つことが、向き不向きを克服する第一歩です。

  • ルーティンワークが好きな人
  • 新しいトレンドに無関心な人
  • 失敗を恐れ行動できない人
  • 変化を嫌う人
  • オフィスワークが苦手な人

ルーティンワークが好きな人

向いていない人の特徴1つ目には、ルーティンワークが好きな人が挙げられます。

WEBマーケティングは変化が激しく、柔軟な対応が求められます。

同じ作業を繰り返すことを好む人は、この変化に対応できないかもしれません。

新しいトレンドに無関心な人

向いていない人の特徴2つ目は、新しいトレンドに無関心な人です。

古い技術やアプローチに固執し、新しい情報やトレンドに無関心な人は、変化の速いWEB業界で競争力を失う可能性があります。

Webの技術の進化はとても早いです。それに合わせてマーケティングで使用するツールも新しく使いやすいものがでてくることがあります。しっかり業界のスピードについていけるようにしましょう。
編集長
編集長

失敗を恐れ行動できない人

向いていない人の特徴3つ目は、失敗を恐れ行動できない人も挙げられます。

WEBマーケティングは同じ領域の業務を担っていても、状況やコンテンツによって施策や考え方が異なります。

成功が保証されていない状況でも、失敗を恐れずに挑戦し、成功を目指す姿勢が必要です。

変化を嫌う人

向いていない人の特徴4つ目は、変化を嫌う人です。

Webマーケターは変化に対応する柔軟性が求められます。変化を嫌う姿勢では、効果的な対策や施策を講じることが難しいでしょう。

Web業界は常に変化していると言ってもいいでしょう。今までのやり方が通用しないということもよくあります。

オフィスワークが苦手な人

向いていない人の特徴5つ目は、オフィスワークが苦手な人が挙げられます。

WEBマーケティングは主にオフィスでの仕事です。PCやタブレットを使用し、デジタル環境で業務を行います。オフィスワークが苦手な方は、この職種に向いていない可能性があります。

PC、スマートフォン、タブレットなどの端末に関しても知識や興味がある必要があります。
編集長
編集長

Webマーケティングに興味があるけれど向いていないかもしれない場合の対処策

Webマーケターになるための対処策

Webマーケティングに興味があるけれど向いていないかもしれない場合、どのような対処策が役立つでしょうか。

ここではいくつか対処策を紹介していきます。それを活用して、自分のスキルと興味を最大限に活かす方法を見つけてください。

  • 自己評価と自己認識を行う

    まず、自分の強みや弱みを正直に評価しましょう。自己認識が重要で、自分に合った職種やキャリアパスを見つけるのに役立ちます。

  • トレーニングを行う

    Webマーケティングのスキルを向上させるために、関連する教育プログラムやコースに参加し、知識を深めましょう。オンラインコースや専門学校など、多くのリソースが利用可能です。

  • 実務経験を積む

    Webマーケティングに関する実務経験を積むことは非常に重要です。インターンシップやフリーランスの仕事を通じて、実際の業務に触れ、スキルを磨きましょう。

  • 継続的な学習を行う

    Webマーケティングは常に進化しています。新しいトレンドやテクノロジーに対応するために、継続的な学習と情報収集を怠らないようにしましょう。

  • 自分のキャリアの再評価を行う

    一度向いていないと感じた場合でも、キャリアの再評価を怖がらず、他の分野や職種に興味を持つこともできます。自分に合ったキャリアを見つけるために柔軟性を持ちましょう。

未経験からWebマーケターに転職するためのコツ

Webマーケターに転職するためのコツ

未経験からWebマーケターに転職するためのコツを紹介していきます。

コツは継続的な学習と実践であり、業界に足を踏み入れる勇気を持つことです。それぞれ紹介していきます。

学習と資格の取得から始める

はじめに、Webマーケティングに関する基本的な知識とスキルを身につけることから始めましょう。

オンラインコースなどでデジタルマーケティングに関する教育プログラムを受講し、基本的な概念やツールの使用方法を学ぶのもおすすめです。

また、Google AnalyticsやGoogle Adsの認定資格を取得することで、自身のスキルを証明することができます。

ポートフォリオを構築する

実務経験がなくても、自分のポートフォリオを構築しましょう。自分のウェブサイトやブログを運用し、SEO最適化、コンテンツ作成、ソーシャルメディア運用などを実践的に行います。

ポートフォリオには、自分のスキルや成果物を示すための具体的なプロジェクトを追加し、雇用主にアピールするのに役立ちます。

狙ったキーワードで上位表示をさせて、面談では結果だけでなく、実際に行った施策を伝えることでアピールできます。
編集長
編集長

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトを利用することで、未経験からでも実務経験を積みながらWebマーケターとしてのキャリアを構築することができます。

まずはクラウドソーシングサイト(ランサーズ、クラウドワークスなど)でWebマーケティング関連の仕事を検索しましょう。

未経験者向けの仕事やエントリーレベルの仕事を探すことができます。キーワードで「デジタルマーケティング」「SEO」「SNS運用」などを検索してみてください。

仕事を受注したら、スキルを向上させるチャンスです。新しいスキルを習得し、フィードバックや評価を受け入れて改善点を把握しましょう。

Webマーケティングで自分のスキルを活かそう

まとめ

今回は、Webマーケターに向いている人と向いていない人の特徴、未経験からWebマーケターに転職するための方法を分かりやすく紹介しました。

Webマーケティングは、スキルや知識を磨くことでキャリアアップが可能な職業とされています。このため、自分のスキルを活かして独立を目指す人にも適しています。

Webマーケティングの仕事では、消費者の反応が数字で表れるため、達成感を感じることができます。ただし、Webマーケティングに向いている特徴が全て揃っているからと言って、必ずしも成功するわけではありません。

逆に、向いていない特徴があっても、それが全てではありません。自分自身の向き不向きを客観的に評価し、努力と継続的な成長をすることが、この分野での成功への鍵です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
編集長

編集長

フリーランス4年目で本業・副業で月収150万↑達成。収入源を増やすためにいろんな副業に挑戦。 副業をして毎月数万円増えると、ちょっとだけ贅沢できます。自分に合った副業探しのお手伝いをします。 プロフィールの続き

-Webマーケター