転職

転職に必要な4つの能力!

転職をするとき、持っているといい4つの必要な能力があります。

「情報収集能力」「キャリアプラン企画能力」「スケジュール管理能力」そして「開拓能力」です。

これらの4つの能力は、転職活動を行う上で強力な武器になります。

今回は、転職活動に必要な4つの能力について具体的にお話しし、転職活動の「どの場面」で有効に能力が使われるのかについて解説します。

自分に足りない能力は補い、すでに持っている能力は「強み」として活用することができるのではないでしょうか。

転職者の必須能力「情報収集能力」

転職活動のスタートは、情報収集から始まります。

情報の種類は多く、「転職市場の動向」や「転職のタイミング」といった全体を把握するための情報、「企業情報」や「人事情報」など各企業情報を集める必要もあります。

最近は、インターネットで情報収集を行うことができますが、簡単に得られる情報は自分以外の転職者のほとんどがすでに知っている情報です。

本当の情報収集能力とは、他の人が知りえない情報を仕入れたり、ポイントを抑えた情報収集ができる力になります。

情報には、2種類あります。

一つ目は、人脈や情報誌などから得られる情報です。何かしらの媒体から情報を得る方法です。

二つ目は、自らが動いて情報を聞き出すことで得られる情報です。

一つ目の人脈や情報誌から得られる情報は、わりと多くの人が得られる情報であることが多いかもしれません。

情報誌は、広く知らせるために作られているものなので、購入意思があれば仕入れることができる情報です。

しかし二つ目の情報は、「どの情報が大切なのか」「誰に聞けば答えが得られるのか」を自分で考えなければなりません。

また、「人に聞く」という行動は意外と勇気が必要です。

二つ目の「自ら動いて得られる情報」は、分析力と行動力を持っている人しか得られない情報になります。

転職活動を有意義にする「キャリアプラン企画能力」

転職は、人生の一部でありキャリアの一部です。

無計画な転職は、自分自身の人生プランを狂わせるだけでなく、その後再び転職するときに足を引っ張ることになりかねません。

転職をしたいと思ったときには、なぜ転職をするのかを良く考え、長期的なキャリアプランと人生プランをあわせて考えておくようにしましょう。

もしも、キャリアプランを考えたときに、自分に不足しているスキルがあることに気がついたのならば、転職活動が終わったら補っておくようにしましょう。

転職に向いている人は、人生で1度だけの転職では満足しないことが多いのです。

転職合否を左右する「スケジュール管理能力」

転職活動は、自分ですべてをプロデュースし、管理しなければなりません。

書類送付の時期や面接日程の調整を行うだけでなく、スーツのクリーニングなどのスケジュール管理も同時にしなければなりません。

何か一つでも管理ミスをしてしまうと、転職活動に大きな影響を与えることもあるのです。

転職活動は、1社だけではなく同時にいくつもの会社にアプローチし、進行していきます。

自分なりにスケジュールを管理し、漏れや間違いがないように注意することが大切なのです。

転職適性があるか「開拓能力」

転職活動の方法は、一般的には流れが決まっています。

求人情報を検索し、応募する企業が決まったら書類を送ります。書類選考を通過できたら面接を数回受けて、採用になるのです。

しかし、流れに任せているだけでは壁にぶち当たってしまうときがくるかもしれません。

なぜならば、転職活動は時と場合に応じて工夫したり、流れを変えることが必要だからです。

例えば、市販の履歴書を使うことは、とても一般的な方法ですが、職種によってはオリジナルの履歴書や職務経歴書を作成したほうが、自分らしさを伝えられるかもしれません。

「既存のもの」や「常識的な方法」にとらわれない転職活動ができる人は、転職に向いている人なのかもしれません。

最後に

すべての能力を最初から持っている人はいないかもしれません。

自分に足りない能力があるならば、補える策を考え乗り越えていく必要があります。

転職活動は、問題がおこるたびに解決策・打開策を考えることの繰り返しです。

考えることを苦痛をしてとらえず、受け入れることも転職活動をスムーズに進めていくための能力の一つなのかもしれません。