転職

第二新卒の転職、ベストなタイミングはいつ?

転職の求人情報をみていると、目につく言葉に「第二新卒歓迎」があります。

第二新卒とは、学校を卒業してから3年以内の人をいいます。

例え新卒で社会人になり、入社2年半で退職したとしても「第二新卒」に含まれるのです。

今回は、転職者の一つの「ブランド」ともいえる第二新卒について詳しく解説します。

実績と経験がものをいう転職の中で、なぜ経験が浅い第二新卒が「ブランド」といえるのかについても徹底解説します。

未経験の職種へ応募する際の履歴書・志望動機の書き方

「第二新卒」は新卒よりも熟練者よりも勝っている

第二新卒は、学校を卒業してから3年以内の人を言うため、就職浪人をした人も社会人経験を持った人も含まれています。

そのため、新卒が持っていない社会人経験を第二新卒の人は持っているのです。

そして、経験と実績が転職活動では最大の武器として扱われますが、実は採用担当者は熟練者を採用するときに懸念することがあります。

それは、熟練者が持っているプライドと習慣です。

熟練者は、今までの自分の仕事に自信と誇りを持っています。

自信と誇りは魅力でもありますが、新しい職場に溶け込むときの壁になることもあるのです。

そして熟練者は、自分の仕事のやり方を持っています。

仕事のやり方が習慣化していると、なかなか新しい仕事のやり方に変えることが難しいのです。

採用担当者は、熟練者を採用するとき、成果と実績とともに新しい環境に慣れる柔軟性も合わせてチェックします。

一方、第二新卒はプライドや習慣を持つほど、前の仕事に執着していません。

一番長くても勤続3年以内であるため、まだまだ新しい環境に慣れる余地が残っているのです。

しかも、3年ではあっても社会人としての経験があるため、基礎はできていると考えられます。

つまり、第二新卒は新卒よりも熟練者よりも採用しやすい要素が揃っているといえるのかもしれません。

わたしは第二新卒である!

転職の求人情報をみていると「第二新卒」という言葉を多く目にします。

しかし、転職者で「第二新卒」を意識して探している人は、意外と少ないのです。なぜならば、第二新卒の本当の意味を理解していない人がとても多いからです。

第二新卒とは、就職浪人をして1年目の人と思っている人がいます。

一度でも採用されて社会人になった人は、第二新卒に含まれないと思い込んで、応募を諦めている人がいるのです。

「第二新卒歓迎」と書いている会社は、第二新卒の魅力を知っていて、あえて第二新卒の採用を希望しているのかもしれません。

自分が第二新卒であるならば、「第二新卒」というブランドがついていると思って自信を持って応募してみましょう。

資格なし!転職成功のコツ

「第二新卒」のブランドが使えるのは1回だけ!

第二新卒のブランドには、有効期限があります。

「学校を卒業して3年以内」という期限があるため、人によってはブランドを背負える期間が数カ月しか残っていない可能性もあるのです。

また、第二新卒のブランドがメリットになるのは転職1回目まででしょう。

例え卒業後3年以内であったとしても、転職3回目だったら採用担当者は「なぜこんなに短期間で転職を繰り返しているのだろう」と疑問に思うでしょう。

第二新卒のブランドを有効に使う一つ目のコツは「転職1回目で決める」ことです。

そして、転職回数を増やさないコツは転職理由を明確にしておくことになります。

第二新卒で転職をする人は、入社した直後に違和感を感じたということになり、最初の会社選びがしっかりできていなかったともいえるのです。

会社は、実際に働いてみなければわからないこともあります。

しかし、一度社会人を経験した第二新卒ならば、新卒の時よりも会社を見抜く目は養われているはずです。

求人情報から字面だけではなく、奥に秘められた情報を読み取り、今度こそ自分に合った会社を選ぶことが二つ目のコツになります。

留年など学歴が長い

「第二新卒」の転職タイミングは冬!

第二新卒にとって、冬は転職に適したタイミングです。

なぜならば、冬に採用が決まれば春の新入社員と一緒に入社できる可能性があるからです。

第二新卒は、中途採用とは違い新入社員と能力的には大差がないため、研修から始まることが多いでしょう。

新入社員と一緒に入社することで、同期の仲間ができ、研修も一緒に受けることができるのです。

また、冬に採用が決まると、入社までに数カ月時間が残ります。

アルバイトを急にやめる必要もなく、しっかりと引継ぎをしてから辞めることも可能です。

大企業と中小企業どっち?

最後に

第二新卒の中には、卒業後アルバイトでつないできた人も多いでしょう。

面接では、アルバイトも社会人経験の一部として身につけたことをアピールしてみましょう。

第二新卒の一番の有利な点は、スムーズに進んではいない時代を持っていることです。

壁や難にぶち当たったとき、何を学んだのかを面接で伝えることができれば「第二新卒」を最大限に生かすことができるでしょう。